• ホーム
  • 正しい避妊でSTD予防と妊娠しやすい周期を知る

正しい避妊でSTD予防と妊娠しやすい周期を知る

白い錠剤と葉

本来性行為の目的は、子孫を残す事とですが、もちろんパートナーとの性行為の快感を楽しむ事でもあります。
しかし、性行為には、望まない妊娠やSTD(性感染症)など、様々な問題もありますので、正しい知識をもって性行為を楽しんでもらいたいものです。
まずは始めに、女性の体について理解しましょう。
女性の体には、子宮、卵管、卵巣、膣と赤ちゃんを産む為の機能が備わっています。
そのため健康な女性には妊娠しやすい期間と妊娠しづらい期間があり、生理の周期から知る事ができます。
生理の周期には個人差があるため、基礎体温を測り、自分のリズムをつかみましょう。
生理が始まった日から排卵期までのおよそ2週間が低温期で排卵後から次の生理までの2週間は、高温期が続きます。
低温期から高温期へ変わる直前が排卵日となるので、この前後がいわゆる妊娠しやすい時期になります。
それでは、妊娠しづらい時期はと言うと、体温が高温期に入り、2~3日後です。
俗に言う安全日です。
しかし、人間の顔が一人一人違う様に、体のリズムにも個人差があるため、確実に避妊する為にはやはり避妊具の使用を勧めます。
正しく使用すれば、同時にSTDも予防する事が出来るので一石二鳥です。
代表的な避妊具としてコンドームがあります。手軽に使用できる利点と、正しく使用する事で約90%の確率で避妊とSTDを防ぐ事ができます。
その他の避妊具として、殺精子剤、ペッサリー、IUD(避妊リング)、女性用コンドームがあります。
また、女性が飲む避妊薬、ピル(経口避妊剤)もありますが、医師の処方箋が必要なのと、副作用の問題もあり全ての女性が飲める訳ではありません。
充実した性生活を送る為にも、パートナーと共に正しい知識を身に着け、望まれた妊娠と性生活を充実させてほしいものです。

サイト内検索
人気記事一覧