コンドーム以外の避妊法

笑っている女性

子どもを望まない夫婦、カップルは、避妊をする必要があります。
最も手軽で認知度の高い避妊法としては、コンドームの使用が一般的ですが、それ以外にも方法はあります。
確実な方法としては、低用量ピルの服用です。
低用量ピルとは、女性が服用するお薬で、女性のホルモンバランスを調整することによって避妊の効果を発揮します。
代表的なものとしてトリキュラーが挙げられます。
トリキュラーは低用量ピルの中でも副作用が少ないことと、避妊だけでなく、子宮内膜症や月経困難症にも使えることから、日本でも人気を博しています。
コンドームを使用しても、保管状態などによっては製品を傷つけてしまい、結果として避妊に失敗してしまう例が少なくありません。
低用量ピルの服用中は排卵が抑制されるので、トリキュラーを飲んでいた場合、トリキュラーの効果でほぼ100%避妊できるといえます。
ただし、吐き気や頭痛などの副作用を感じる人もいるため、そのような人にはお勧めできません。

他にも、女性ができる避妊としては、避妊リングの使用があげられます。
これは、女性の子宮内に装着するタイプの避妊具で、一度装着するとその後数年間は効果を発揮します。
日常生活には支障がなく、器具を外すことで妊娠が可能になるため、薬を飲んだり、毎回コンドームを使用したりする手前を省くことができ、確実に妊娠を回避することができます。
事前に何の対策も行わず性行為を行ってしまった場合には、アフターピルを服用するという方法もあります。
これは、性行為後できるだけ早い段階で服用することで、排卵を抑制したり、受精卵が子宮内に着床するのを防いだりすることができます。
しかし、保険が適用されないため、1万円前後の費用がかかる場合が多く、また、強制的にホルモンバランスを調整するため、強めの副作用を伴う場合があります。
それぞれのメリット、デメリットを理解したうえで、自分にあった方法を試してみることが大切です。