もしもの時の妊娠回避法

微笑む女性

性行為をすれば妊娠の可能性は常にありますから、絶対に妊娠してはいけないのであれば性行為をしないことが一番確実です。
しかし、性行為は繁殖活動というだけでなく快楽を求めるものであったり、愛情を確認する行為でもありますから完全に断つということは難しいものです。
また、本人の意志とは関係なしに襲われてしまうというおそれもあるだけに、常に避妊に気を使う必要があります。
徹底して避妊をしていれば、妊娠の確率はゼロにすることはできないにしても、限りなくゼロにすることができます。
そのため、まず大事なことは避妊を徹底して望まぬ妊娠を防ぐことが重要なのですが、気を使っていても避妊に失敗してしまうケースがあります。
そのような時にはできるだけ早い段階で、病院で診察を受けて緊急避妊薬を処方してもらうようにしましょう。
避妊に失敗して締まった場合であっても早い段階であれば、緊急避妊薬を服用することによって妊娠を避けることができます。
性行為をしてから72時間以内であれば効果があるとされていて、早ければ早い段階ほど効果があらわれやすいのでとにかくすぐに医療機関で診察をうけることが重要です。
早めの段階であれば薬によって最後の妊娠を回避するための行動を取る事ができますが、それを過ぎてしまうと後は完全に妊娠するかしないかは運を天に任せることになってしまうので非常にリスクの高いものとなってしまいます。
絶対に妊娠しては行けない状況で、運任せになってしまうこと自体大きな問題ですから、避妊に失敗した場合には最後の手段として迷わず医療機関にかかることが大切です。
ただし、この方法は女性の体に負担がかかるので本当に最後の手段としてとっておきましょう。